D
CBS Didot
CBS Didot

CBS Didot


Client

CBS


Designer

Freeman Craw (1917–2017)


Date

1966


Foundry

-


Specimens

  • American Type Design & Designers
  • The Search for Corporate Identity by Ben Rosen (36)

ジャコ・パストリアスのアルバムを見て、血眼になって探したフォント。 カリグラフィーの名手フリーマン・クロウによってデザインされ、ルウ・ドーフスマンの元で CBS のロゴタイプに使用された。 この時、CBS Sans もデザインされた。

Didot(ディド/ディドー)とは、ファッション系の雑誌などによく使われるモダン・ローマン体で、フランスのフィルマン・ディドー(1764 – 1836)によってデザインされた名書体のひとつ。 現在よく使われている Didot と比べると、コントラストが強烈でフォルムが美しく、シャープである。 Castcraf 社によってデジタル化されたものの現在は購入不可。

ちなみに、1966年に完成した CBS 本社ビル。 建築は Eero Saarinen 、インテリアデザインは Isamu Noguchi と Florence Knoll 、グラフィックデザインは Herb Libalin という錚々たる面々が手掛けた。 建築・インテリア・グラフィックデザイン、すべてが超一流である。

参考:
『アイデア No.105』ルイ・ドーフスマンとCBS(1971.3/P.48)

Jaco Pastorius

Jaco Pastorius – Jaco Pastorius, 1976 CBS

Stravinsky – Stravinsky Conducts Histoire Du Soldat Suite: Pulcinella Suite, 1968

CBS Logotype by Lou Dorfsman in 1964? Eye logotype by William Golden in 1950